宇宙兄弟を読んだ感想とあらすじ

宇宙兄弟 のあらすじ

幼い頃に二人でUFOを見て、二人で宇宙飛行士を目指そうと約束をした自動車開発会社で働く(兄)難波ムッタ、宇宙飛行士として月へと向かう(弟)難波ヒビト。

月日が流れて弟夢を叶えて、兄である自分はごく一般的な会社員になり、自己嫌悪・情けない兄であることに劣等感を抱いていた。

あることがきっかけで会社を退職して、幼い頃からの夢だった宇宙飛行士を目指して試験に挑戦して、先輩宇宙飛行士であるヒビトの後を追って、共に成長していく兄弟を描いた物語。

 

宇宙兄弟 の魅力と感想(ネタバレ)

マンガの見所としては、登場人物の言葉が熱い!

仕事をしていて人生で悩んでいたり、立ち止まってしまったりして八方塞がりな状況に陥る事は誰にでもあると思います。

そんな時に、宇宙兄弟の登場人物のセリフが物事の核心をついていたりして勇気をもらったり、励まされたりする所が好きです。

物語も兄ムッタが弟ヒビトの後を追って宇宙飛行士を目指しますが、なんでもできる兄になりたかった兄がだんだんと弟に抜かれて先を越されてしまう様子は誰にでも経験のある事ではないでしょうか。

 

そんな所が共感できるストーリーであり、実生活に即しています。

宇宙飛行士になったムッタも仕事の事で悩んだり、仲間との関係で悩んだりしますが、とにかく前に進む為に何をするか、どういう言葉をかけていくかがすごく参考になりますし、自分もやってやろうという気持ちにさせてくれますのでオススメです。

 

特にお気に入りのセリフは、「今のあなたにとって一番金ピカなものは何?」というシャロン博士のセリフです。仕事で悩んでいた自分を救ってくれました。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

信長の忍びを読んだ感想とあらすじ

寄生獣を読んだ感想とあらすじ

キャプテン翼 ライジングサンを読んだ感想とあらすじ

ニンジャスレイヤーを読んだ感想とあらすじ

NO IMAGE

黒子のバスケ EXTRA GAME あらすじと感想(少しネタバレ)

NO IMAGE

サンケンロック。なぜか清々しい気分にさせられる作品です。