ごはんのおともを読んだ感想とあらすじ

ごはんのおとも のあらすじ

路地裏にある料理屋「ひとくちや」に集まるお客と店主の物語。

第一話は食べるのが大好きなある男性、第二話は上京したての大学生、第三話は頑張る会社員、第四話は伴侶を亡くしたおばあさん、第五話は意地っ張りなおじいさん、第六話は昆布大好きな幼い女の子、第七話は「ひとくちや」店主の昔話、第八話は「ひとくちや」常連のおじいさんと様々な年齢の登場人物達。毎日を生きる登場人物達が卵の醤油漬け、なめたけ、きんぴらごぼうという素朴だけども、美味しい食べ物を通して時に成長し、時に問題を解決します。

 

ごはんのおとも の魅力と感想(ネタバレ)

まず漫画が全編フルカラーです。カラーで描かれている食べ物はまるでそこにあるように、美味しそうに描かれています。

カラーで動く登場人物達も生き生きと描かれ、誰一人嫌味な人物、嫌いになるような人物はいません。ほのぼのとした日常が丁寧に描かれているので、読み手も安心して読む事が出来ます。

一つの話が終わった後には、その物語に

登場した食べ物のレシピが描かれています。どれも簡単なレシピなので、真似をして作って食べながらより漫画の世界に浸る事が出来ます。

最後に、お薦めしたいのは本編の間に描かれている一組の男女。彼らは会話は交わさず、給食や野外活動のカレーライス、学食と成長に合わせた食べ物を食べています。その中で、注目して欲しいのは男性の視線。彼は近くで美味しそうに食べる女性を見ているのですが、その熱い視線は恋する男の視線。台詞は一言もないのに、女性に対する愛しさはよく伝わってきます。

最後で二人の出逢いの場面でやっと台詞がつくのですが、そのエピソードは必見です。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

NO IMAGE

火ノ丸相撲。相撲の代表的な漫画になる作品

刻刻(こっこく)の見どころと感想(無料試し読み)

ONE PIECEを読んだ感想とあらすじ 長年人気の理由!

女郎ぐも 日本ふしぎ草子 感想 (女郎ぐも、幽霊の酒盛り)

ACMA:GAME を読んだ感想とあらすじ

ダンジョン飯 を読んだ感想とあらすじ