つり球 あらすじと感想(少しネタバレ)

[icon image=”check1-r”]つり球のあらすじ(おすすめ漫画)

主人公の真田ユキは、お婆ちゃんと2人暮らし。宮城県から江の島の高校へ転校する事になります。

極度のあがり症と人見知りで今まで友人と呼べる人はいませんでした。新しい生活の中で、ユキは宇宙人のハルと出逢います。

 

ハルはある事から世界を救うためにユキに近づき、ユキは釣りを始めます。

 

釣りを通して、ユキは人とのコミュニケーションをどんどん増やしていき、釣り仲間が増え街の人たちとも打ち解けていきます。

 

ハルと出逢ったことでユキは自分の意思で舟に乗るたくましい男子へと変わっていきます。

 

 

[icon image=”check1-r”]つり球の魅力と感想(少しネタバレ)

思春期なら誰にでもあるような、恥ずかしい気持ち。

 

ユキは、お婆ちゃん思いの優しい子ですが、人との接し方が分かりません。分からない事は、人には聞かずスマホで調べます。イライラしても、いつも心の中にとどめます。自分から何かを発信する事が苦手なユキが、ハルと出逢って変わります。

 

ハルは宇宙人の男の子です。あることを切っ掛けに、ユキの家に一緒に住み始めます。

 

ハルは、思った事は何でも口にする、まるで幼児のような子です。「言っていい事」と「言ってはいけない事」の判断がつきません。ユキはそんなハルに戸惑います。次第に、怒りや悲しみをハルにぶつけます。

 

何を言ってもよく理解できないハルは、ユキにいつもゴメン。っと言って謝ります。ユキは、次第にハルの存在を受け入れ、1つ1つ分からない事を説明して教えていきます。今までユキには無かった、人との関わりがこうして生まれます。

 

ハルとユキは世界を救うために、大きな魚を釣らなければなりません。つり王子と言われる夏樹に怒られながら、日々成長していくユキ。その成長過程が見ていて、本当に微笑ましく、たくましい姿に涙が出て来ます。

 

誰にでもある、突破できない壁。でも、その突破した瞬間、今まで見た事のない世界にいける。世界は自分で変えられる。自分が変われば世界が変わる。そんな事を教えてくれる青春ストーリーです。

 

 



本当にありがとうございました。

納得!電子コミックが選ばれる究極の7つのメリットとは?

※必見です。



関連記事

テラフォーマーズ を読んだ感想とあらすじ

ごはんのおともを読んだ感想とあらすじ

いちえふ~福島第一原子力発電所労働記~あらすじと感想(少しネタバレ)

夏目友人帳を読んだ感想とあらすじ

水玉ハニーボーイ あらすじと感想(少しネタバレ)

けいおん の見どころと感想(無料試し読み)