キングダム あらすじと感想(少しネタバレ)

[icon image=”check1-r”]キングダムのあらすじ(おすすめ漫画)

時は春秋戦国時代、戦国七雄とよばれる七大国が中華を舞台に争乱を繰り広げるその時代に、天下の大将軍を目指す下僕の少年・信が夢へと突き進む姿を描く激動の戦乱物語。

物語は主人公である下僕の少年・信が後の始皇帝である秦王・政と出会うことから動きだします。

かけがえのない親友の死、戦場で出会った熱い仲間達との絆、指針となる偉大な大将軍との出会い、ツワモノぞろいの敵武将との死闘、そして秦国に次々舞い込む巨大な脅威。多くの困難、死地、そして闘いを乗り越えて、信は天下の大将軍へ昇っていく。

 

[icon image=”check1-r”]キングダムの魅力と感想(少しネタバレ)

この漫画の見所は何においてもその「熱さ」です。巧みな演出と描写によりまるでその場にいるかのような臨場感と興奮・危機感・恐怖そして感動の中へと読者を引き込んでいきます。

 

主人公信が率いる飛信隊の活躍と、彼らが苦難を乗り越えていくその姿が与える興奮は並大抵のものではありません。

 

これを呼んだらもはやあなたも飛信隊の一員なのです。

 

そしてこの物語のもう一人の主人公ともいえる後の始皇帝・政が、王宮を舞台に政敵である呂丞相と繰り広げる権力争いからも目が話せません。

 

2人は互いが国の実権を握るべき者であると自覚し対立した上で、秦国の危機においては協力するという微妙な関係図がこの漫画の面白さをより引き立てているのです。

 

更に注目すべきは登場するキャラクター達の尋常じゃないほどの魅力です。

 

キングダムには、いまどきの漫画によくありがちなただインパクトだけを与えるような空っぽのキャラクターはいません。

 

命のある本物の魅力的なキャラクター達に満ち溢れてるのです。心を感じさせるその魅力的なキャラクター達が繰り広げる戦いは見ていて胸が熱くなること必至です。

 

更にキングダムはとにかく絵の書き込みもすごい。何万という人間が入り乱れる戦場を描ききるその根性!細部まで描かれたその戦場は見ていて圧巻です。

 

迫力のある絵、洗練された演出、巧みな台詞回し、、テクニック、魅力あふれるキャラクターたち、熱い戦闘に心理戦、優れた時代考察。

 

キングダムは全てにおいて完璧です。

現在30巻を越えているにも関わらず全く衰えを感じさせないこの漫画。これからもどんどん熱く、そして激しく面白くなっていくこと確実です。

 

無料試し読みができます。

⇒ コミックシーモア

☆「キングダム」を検索に入れてね。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

さよならフットボールを読んだ感想とあらすじ

ベイビーステップを読んだ感想とあらすじ

NO IMAGE

地球の放課後 表紙とは違った内容でした!

タッチあらすじと感想(少しネタバレ)

ACMA:GAME を読んだ感想とあらすじ

NO IMAGE

ポケットモンスター全書 はどんな漫画?