ゴールデンカムイ あらすじと感想(少しネタバレ)

[icon image=”check1-r”]ゴールデンカムイのあらすじ(おすすめ漫画)

日露戦争から帰還した杉元は、戦死した親友とその妻であるかつての想い人のために一攫千金を狙い北海道にいた。

かつて砂金を得られたという川を攫っていると、地元の酒飲みが冷やかす。金が取れたのはかつての話で今はもう川を攫っても無駄であると。

しかし、酔った男はそのままかつて隠されたアイヌの金塊のことを口走る。冗談と思われたが、我に返った男に襲われた杉元はそれが真実だと悟った。

 

道中、熊と遭遇した杉元はアイヌの少女の助けを受け、これを撃退する。話を聞いたアイヌの少女は、父がその金塊に関わっているかもしれないことを告げる。

そこから、杉元達と他の帰還兵、囚人や幕末の亡霊などが交錯し金塊を追う物語が始まる。

 

[icon image=”check1-r”]ゴールデンカムイの魅力と感想(少しネタバレ)

あらすじではいかにも金塊奪取バトルですが、この漫画の面白いところはそこだけではありません。

 

もちろん、軍人として容赦のない戦いをする不死身の二つ名を持つ杉元の活躍は目を見張るものがあります。出てくる相手も只者じゃない敵ばかりです。

 

しかし、それを置いてもコメディが面白い!

メインとしてアイヌの少女との雪山の散策が描かれるわけですが、その日常、特に食事が面白いです。

 

現地の人の習慣に付き合わされる杉元のリアクションは必見ですし、その逆もしかり。

 

本土の文化に触れるアイヌの少女アシリパさんがとてもいいです。

主に雪山では獲物を狩ってその日の食事とするわけですが、そのアイヌ飯が強烈。

 

笑顔でリスの脳みそを生で食べろとか、ウサギの目玉がもう一つあるなど、ムチャなことを言ってきます。

我慢しながら気を使って食べる杉元がシュールです。

 

アイヌの動物に対する考え方や文化などもとても神秘的に扱われ、自然を食べることを美しく描いています。

本筋は金塊奪取の争いです。なので、動物の死と人間の死をうまく対比させて描いていることに驚かされます。

 

それでいて、ギャグが最高に面白く、後に出てくる元囚人の白石がまた笑わせてくれます。

この作品のすごいところは、そのバランスを保ちながら、スピード感が落ちない所だと思います。

 

是非読んでみてください!

 

 

無料試し読みができます。

⇒ コミックシーモア

☆「ゴールデンカムイ」を検索に入れてね。

 

 



本当にありがとうございました。

納得!電子コミックが選ばれる究極の7つのメリットとは?

※必見です。



関連記事

聖☆おにいさん を読んだ感想とあらすじ

NO IMAGE

ストレンジドラゴンはファンタジーロマンス!

NO IMAGE

地球の放課後 表紙とは違った内容でした!

セブン★スターを読んだ感想とあらすじ

NO IMAGE

火ノ丸相撲。相撲の代表的な漫画になる作品

こちら葛飾区亀有公園前派出所 を読んだ感想とあらすじ