ダンジョン飯 を読んだ感想とあらすじ

みんなが始めている少額からの仮想通貨投資。 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 

[icon image=”check1-r”]ダンジョン飯のあらすじ

深いダンジョンを旅する勇者ライオス率いるパーティだったが、ドラゴンに妹のファリンが食われてしまったまま脱出。

エルフで黒魔道士のマンシル、鍵師のチルチャック、ライオスの3人で再びダンジョンへ入ろうとするが、一文無しの状態になってしまっていた。

そんなときに出会ったのが斧戦士で魔物食研究家(?)のセンシ。

かねてより魔物食に興味を持っていたライオスは、センシに一緒にダンジョンについてきてくれるよう頼む。

魔物食への知識を深められること、食事を確保しながらのダンジョン探索というお互いの利害が一致し、一行は旅を始める。

 

[icon image=”check1-r”]ダンジョン飯の魅力と感想(ネタバレなし)

まさかのモンスターを食べるという荒業にもうビックリ!

はじめての魔物食が歩き茸。正確には大サソリと歩き茸の水炊き(笑)

メンバーがハフハフ食べているのをみるとなんかうまそうに見えてくる不思議…

 

スライムを干すとかバジリスクをローストするとか、もういろいろ突っ込みどころ満載なのに、なんか嫌に本格的に調理手法とか描かれてるし、完成した料理もなんだか美味しそうだしで面白い。

あと、意外とときどき、ちゃんとした普通の料理も出てきます。

ライオスが魔物食の話になると目の色が変わって、ほかのメンバーに気持ち悪がられてるところもいい(笑)

 

絶対にモンスター食べるなんてイヤーッ!ってマンシルは嫌がってるのに、いざ食べると悔しいけど美味しい!ってガツガツ食べてるところもいいです。

ドラゴンのお腹の中でファリンが消化されてしまわないように旅を急いでいるはずなのに、やたらと丁寧に魔物を味わっている一行。

ちゃんとファリンを助けられるのか!?

 

 

無料試し読みができます。

⇒ BookLive!

「ダンジョン飯」を検索に入れてね。

 

電子書籍コミックサイトの口コミ!ランキング♪
 
みんなが始めている少額からの仮想通貨投資。 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin