テラフォーマーズ を読んだ感想とあらすじ

[icon image=”check1-r”]テラフォーマーズのあらすじ

かつて火星は極寒の地であった。

火星に人が住めるように変えようとテラフォーミングのために苔とある黒い生物が放たれた。

その黒い生物とはゴキブリである。

火星のゴキブリを駆除すべく、人類が降り立つ。

乗組員達は火星の厳しい環境下での任務遂行のため手術を施していた。

火星に火星に蔓延る進化したゴキブリ達に立ち向かう。

ゴキブリの身体能力は想像以上であり、どんどんと仲間が葬られていく。

果たして、人類は進化したゴキブリ達に勝つことができるのだろうか!

 

[icon image=”check1-r”]テラフォーマーズの魅力と感想(ネタバレなし)

まず、見どころはなんといってもキャラクターそれぞれに施された手術の能力である。

手術のベースは昆虫や哺乳類、鳥類など、地球に存在するさまざまな生物である。

普段私たちが生活している中で目にする、蟻や蜘蛛、ツバメといったものから、電気鰻や蝦蛄といった珍しい生物の特性が活かされている。

 

生物の特性など、普段真剣に考えた事は無かっただろう。

この漫画は、その生物たちの生態も解説されているので、生物図鑑を読んでいるような印象を受ける場面もある。

次の見どころは、ゴキブリと人類の生死を賭けた戦いの裏で人間同士の裏切りや、陰謀が企てられている所だ。

 

乗組員の班は国ごとに分かれており、そこで秘密裏に行われる任務がある。

この漫画は、熱い展開やバトルがあり、時には感動する場面もある。今後の展開にも期待!

 

 

無料試し読みができます。

⇒ DMM電子コミック

「テラフォーマーズ」を検索に入れてね。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

ニーチェ先生 を読んだ感想とあらすじ

キャプテン翼 ライジングサンを読んだ感想とあらすじ

いちえふ~福島第一原子力発電所労働記~あらすじと感想(少しネタバレ)

キングダム を読んだ感想 オススメの理由!!

死にたがりと雲雀を読んだ感想とあらすじ

ハンターハンターを読んだ感想とあらすじ