ニンジャスレイヤーを読んだ感想とあらすじ

みんなが始めている少額からの仮想通貨投資。 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 

[icon image=”check1-r”]ニンジャスレイヤーのあらすじ

マルノウチ・スゴイタカイビルにて妻子を殺されたサラリマン、フジキド・ケンジ。

彼自身も死の淵にあった時、謎のニンジャソウルが憑依、一命を取り留めたフジキドはニンジャを殺すニンジャ、ニンジャスレイヤーとなり、復讐の戦いに身を投じる。

ここはネオサイタマ・・・鎖国体制をしく日本の中心地である。

マッポーの時代、空想の存在と考えられてきたニンジャ達が突如現れ暗躍を始めている。

ソウカイ・シンジケート。

ニンジャの力でネオサイタマを影で操る暗黒メガコーポである。

妻子を殺したニンジャへの復讐を望むフジキドはソウカイ・シンジケートとの戦いを余儀なくされるのであった・・・

ニンジャが出て殺す!

サイバーパンクニンジャ活劇!

なお、筆者は偶然通りかかっただけなのでごあんしんです。

 

[icon image=”check1-r”]ニンジャスレイヤーの魅力と感想(ネタバレなし)

「ドーモ、〇〇サン。ニンジャスレイヤーです」

このような台詞をネットで聞いた事はないでしょうか?

 

これは忍殺語と呼ばれるこの作品独特の言い回しをファンが好んで使うコピペです。

作中設定において、「イクサの前にはアイサツをしなければならない。古事記にもそう書いてある」のでニンジャは戦いの前に必ずアイサツをしなければなりません。

これをしないのはスゴイシツレイに当たる為、どれだけ憎い相手であろうが下衆なキャラであろうがこれを省く者は基本的に居ません。

 

こういう田舎臭い泥臭い設定が多数ありながら、キャラクターは人間味が溢れてて魅力的に書かれています。

ラストガールスタンディングというエピソードンでは女子高生の奥ゆかしいユウジョウに触れ、落涙重点でした。

アトロシティ・イン・ネオサイタマではヤクザ天狗=サンの狂いっぷりがズバリショックめいたケミカル反応を引き起こさせます。

 

ワン・ミニット・ビフォア・ザ・タヌキはナンシー=サンのそれにしても豊満なバストに激しく前後したくなること受けあいです。

とにかくタノシイ重点。

 

 

無料試し読みができます。

⇒ BookLive!

「ニンジャスレイヤー」を検索に入れてね。

 

 

電子書籍コミックサイトの口コミ!ランキング♪
 
みんなが始めている少額からの仮想通貨投資。 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin