ハリガネサービスを読んで見ました♪

中学校時代にバレー部の補欠選手だった下平鉋は高校でバレーボールの強豪校に入学しバレー部の部員となる。

しかし同じ新入部員の他3名は東京選抜チームにも選ばれていた有名選手たちだった。

下平に活躍の場はないかと思われたが下平には誰にも負けない武器があった。

中学時代にアキレス腱を断裂しスパイクが打てなくなった下平がひたすら磨いた技、それはハリガネを手首に巻いたかのように硬く固定された手で打つフローターサーブだった。

予測不能の悪魔のような変化をみせるそのサーブは同級生やバレー部員に認められついに下平にも活躍の場が与えられた、全国大会出場を目指しチームが動き出す。

 

ハリガネサービスの見どころ

私自身が中学時代に下平と同じようにバレー部に所属していたので、更に言うのであれば私も下平と同じく補欠選手でサーブだけがとりえだったのでなおさら親近感がわきます。

下平が対戦する相手に対してサーブで得点を重ねていくシーンは痛快です。

ネットの白帯部分にサーブを当ててネットインでサービスエースを取るなどもちろん現実的にはかなり難しいのですがありえなくはない技でもあり絶妙です。

また相手の目の前で野球のフォークボールのようにストーンと落ちるサーブもバレーボール経験者であれば偶然にそういうサーブが打てることも稀にはあるのです。

つまり現実世界で狙ってできないような技を下平は狙ってできてしまうというところに読み手としはワクワクしているわけです。

また、この漫画は下平以外のキャラクターにもそれぞれ個性があってバレーボール好きにはたまらない設定となっています。

下平と同学年の冷静なセッター松方は相手チームの分析に長けています。

アタッカーの真白は背が低いのをスピードでカバーするという通好みの選手、リベロの金田はボールを身体のどこに当てても正確にコントロールできるという特異体質です。

また高校バレー界の重鎮でチームの監督である山縣の圧倒的な存在感がまたストリーに厚みをもたらしています。

私のようなバレーボール経験者であればこの漫画には共感できると思います、またバレーボール未経験でルールがよくわからない方でもとにかくキャラが全員立っていてストーリー展開も熱いのできっとハマるはずです、ハリガネサービスおすすめいたします!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

機動戦士ガンダム サンダーボルト あらすじと感想(少しネタバレ)

NO IMAGE

ベルセルク。絵画のような美しさです。

タッチあらすじと感想(少しネタバレ)

NO IMAGE

火ノ丸相撲。相撲の代表的な漫画になる作品

ばらかもん のネタバレとあらすじ(おすすめ漫画)

刻刻(こっこく)のネタバレとあらすじ(おすすめ漫画)