ポケットモンスター全書 はどんな漫画?

マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモンが大好きな10歳の少年。

そんなある日、彼はポケモンの住む草むらに足を踏み入れてしまい、野生ポケモンたちに襲われてしまいます。

襲われる寸前に、オーキド博士と連れていたヒトカゲの助けにより、彼は助かります。

ヒトカゲを見てとても嬉しそうにしているサトシを見たオーキド博士は、サトシにもポケモン図鑑完成の旅を依頼します。

ライバルのシゲルと競い合いつつも、ヒトカゲや旅で出会う人たちと親交を深め、図鑑完成を目指す物語です。

 

ポケットモンスター全書の見どころと感想

あの有名なゲーム、ポケモン赤緑を題材とした漫画です。

主人公の名前がサトシ、ライバルの名前はシゲルですが、アニメの二人とは全くの別人です。

ゲームと同じようにポケモンを仲間にしつつ、新しい街を目指し、ジムを制覇するところはゲームと同じです。

ゲームと違うところは、サトシが行く先々で出会う人たちと深い交流を持っていくことです。

アニメで有名となったタケシとカスミとの関わり方も、この漫画独自のものとなっていています。

タケシは力押しの戦法が中心で、門下生にも去られていたところ、自分を負かしたサトシのポケモンとの在り方に触れて自分の考えを改め直すことになります。

カスミはアニメや原作と違い、落ち着きのある女性として描かれていて、お転婆人魚の呼び名の理由が過去に溺れた時にジュゴンに助けられたからだとの理由となっていました。

人目に付かぬよう大切に育てていたパウワウをサトシに託す場面もあり、私はこの全書のカスミが好きです。

ジムリーダーで一番印象が変わったのは、ナツメでした。

原作では大人しい女性でしたが、この漫画ではテレポートによく失敗している少し抜けている女性として描かれていました。

カンパニー奪還に彼女も協力してくれるのですが、予知でサトシが解決することを予知で知っていたため、どこか弱腰でした。

サトシの未来は見えないから楽しいと言う考えで、予知に頼らずに生きていくと決意する場面が今でも大好きです。

今もドジなところのある美人の印象が強いですね、ナツメは。

長くなってしまいましたが、他にもロケット団結成の理由が語られていたり、ピカチュウが自分からライチュウとなってサトシの助けとなったりする場面も多く、赤緑を知る人たちは懐かしさを覚えるはずです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

今、そこにある戦争 あらすじと感想(少しネタバレ)

ろくでなしブルース を読んだ感想とあらすじ

けいおん の見どころと感想(無料試し読み)

Coda の見どころと感想(無料試し読み)

セブン★スターを読んだ感想とあらすじ

ALL YOU NEED IS KILL あらすじと感想(少しネタバレ)