ワンピース あらすじと感想(少しネタバレ)

[icon image=”check1-r”]ワンピース のあらすじ(おすすめ漫画)

ひとつなぎの財宝「ワンピース」を手に入れ、海賊王になることを目指して故郷の島を出た少年ルフィ。

旅を続ける途中、三刀流の剣士ゾロ、天才航海士ナミ、狙撃手ウソップ、トナカイ船医チョッパー、色ボケ料理人サンジなどなど、次々にかけがえのない仲間を得ていく。

 

ルフィは仲間たちと力を合わせて情報を集め、ワンピースが眠るといわれる、船乗りにとって最難関であるグランドライン(偉大なる航路)へとついに突入する。

 

行きつく不思議な島々で死闘を繰り返すうちに少しずつ明らかになっていく世界の真実、隠された歴史。

海賊という人々から忌み嫌われる立場にありながら、正しい道を歩き続ける少年と仲間たちの心を熱く揺さぶる冒険ファンタジー。

 

[icon image=”check1-r”]ワンピース の魅力と感想(少しネタバレ)

「みんなでやんのさ…一人の勝利なんて…この世にゃねェんだよボーズ!!!」

第771話で、敵の幹部に嬲られ瀕死の状態になっても立ち上がり続け、少しでも敵を足止めして時間を作り、仲間が勝利をつかむ手助けをしようとした男のセリフ。

 

見開きでもなんでもない、さらりと読み流してしまいそうな普通のコマにあったセリフなのに、私の心の奥の方で、なにか熱い気持ちが沸き上がるのを感じた。

 

そうだ、何かを成し遂げるのはひとりの勇者だけの力じゃないんだ。その勇者を支える仲間たち、特別な才能はないけれど、自分の役割を一生懸命果たしている無数の仲間たちの協力があってはじめてなにか大きなことを成し遂げることができるのだと。

 

私はなんの力も持たない平凡な側の人間で、才能を持った人のことを羨んでいた。自分もああなりたいと思っていた。

 

だけど、このセリフを見たときに、きっと平凡な自分にしかできない役割がきっとあるのだと、勇気づけられた気がした。

 

ワンピースにはさまざまな個性を持ったキャラクターが何人も現れる。主人公であるルフィは、「海賊王になりたい」という強い強い信念を持っている。

 

そのまぶしいほどの信念が求心力となり、彼の周りには同じ夢を共有する仲間たちが次々とひきつけられていく。次々に死闘が繰り広げられる中、単純に力が強い者が勝ち残っていくわけではない。

 

数々の仲間が全力を出し、協力して作り出したチャンスがあったからこそ勝ち残ることができたのである。ワンピースの見どころは、ここではないかと思う。主役だけが光り輝くのではなく、脇役までもが皆魅力的だ。

 

一人でやるのではなく、みんなでつかみとる勝利。それが築きあげられていく過程、私はそれを読むのが大好きだ。

 

 

無料試し読みができます。

⇒ コミックシーモア

☆「ワンピース」を検索に入れてね。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

NO IMAGE

ハリガネサービスを読んで見ました♪

魔物鑑定士バビロ あらすじと感想(少しネタバレ)

銀魂 を読んだ感想とあらすじ

鋼の錬金術師 のネタバレとあらすじ(おすすめ漫画)

けいおん のネタバレとあらすじ(おすすめ漫画)

どうらく息子 のネタバレとあらすじ(おすすめ漫画)