君に届けを読んだ感想とあらすじ

君に届け のあらすじ

高校生の黒沼爽子はとても見た目が地味な女の子。

しかし本当はとてもポジティブで明るい女の子なのです。

そのことにいち早く気が付いたのが、同じクラスのクラス一の人気者、風早翔太。

爽子はクラスの人気者である風早をとても尊敬しています。

そして風早は爽子のことを一人の女性として意識し始めます。

その後、爽子には、あやねとちづるという二人の大の親友ができます。

そんな爽子ですが、だんだんと風早への気持ちが恋愛感情だと気が付いていくのです…。

友達のことも、恋愛のことも、自分で考え行動して、一つ一つ解決していく、爽子の成長物語です。

 

君に届け の魅力と感想(ネタバレ)

爽子と風早のほのぼのとした恋愛模様が何よりも素敵です。

この作品は、よくある少女漫画のように、ぽんぽんと話が進んで、二人が結ばれていくのではありません。

何をするにも、爽子が一所懸命努力することで叶っていくのです。

あやねとちづるという友人ができたこともそうですし、風早との恋愛に関してもそうです。

爽子の最後まであきらめずに頑張る姿にとても心を打たれる作品です。

 

また、主役の二人だけではなく、あやねとちづるのそれぞれの恋愛模様も、それぞれの良さが出ていて面白いです。

もちろん、あやねやちづるのキャラクター自体もとても面白いのです。

登場人物たちと一緒に笑って一緒に泣いて一緒に怒って…そんな風に読むことのできる作品です。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

ばらかもん の見どころと感想(無料試し読み)

True Loveを読んだ感想とあらすじ

ももくり あらすじと感想(少しネタバレ)

バラ色の聖戦 あらすじと感想(少しネタバレ)

NO IMAGE

淡島百景。感想とあらすじは?

聲の形 を読んだ感想とあらすじ