夏目友人帳を読んだ感想とあらすじ

[icon image=”check1-r”]夏目友人帳のあらすじ

両親と死別した少年が、妖怪が見えるということでの言動により、大人や子供に関わらず周りの人々からは不審がられまた煙たがれ、親族を転々としていた。

ある日祖母の遺品の中から「友人帳」というものを見つけ、その友人帳を奪おうとする妖怪から狙われる日々が始まるが、にゃんこ先生などの仲間の妖怪が出来て、妖怪との親交を深める。

また心優しい親族と生活が始まり、人と妖怪と「接する」ことで少年から青年へと大きく成長していく様子が描かれている。

 

[icon image=”check1-r”]夏目友人帳の魅力と感想(ネタバレなし)

この漫画は、全く妖怪を見た経験などなくとも、なぜか親近感を持たせてくれて、なぜかほのぼのとした気持ちにさせてくれる。

どんなに妖怪たちに追いかけられ危険な目に会っても、自分を頼ってきたり、慕ってくる妖怪たちを大切にしようという気持ちがすごく表れている。

それは大人へ徐々に成長する中でより強くなる気持ちで、子供のころにはなかった気持である。また心優しい親族との出会いをきっかけに、妖怪の事を話せる友人ができたりと、今までになかった環境が徐々にできていく。

妖怪の世界にも人間の世界にも自分の居場所が徐々に出来上がっていき、その居場所の温かさが非常に伝わってくる。

それが見ているこちらにほのぼのとした気持ちにさせてくれて、続きが見たいという気にさせてくれる。

 

 

スマホで無料で試し読みするには??
▼ こちらをクリック ▼

⇒ まんが王国

「夏目友人帳」を検索に入れてね。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

俺物語!!を読んだ感想とあらすじ 面白いです。

君に届けを読んだ感想とあらすじ

ばらかもん のネタバレとあらすじ(おすすめ漫画)

レズと七人の彼女たちを読んだ感想とあらすじ

NO IMAGE

鎌倉けしや闇絵巻。伝統的超能力者のお話しです。

僕らの記憶喪失 あらすじと感想(少しネタバレ)