女郎ぐも 日本ふしぎ草子 感想 (地獄の鬼、さるかに合戦)

女郎ぐも 日本ふしぎ草子試し読みはこちら
>> コミなび <<


 

女郎ぐも 日本ふしぎ草子 ① 地獄の鬼、さるかに合戦

題名からして日本昔話風のほのぼの感を想像していましたが、実際は朴訥な絵柄で背筋にゾッとくるお話でした(。>0<。)

 

短編集の一発目が「地獄の鬼」というタイトル。

私はこわいお話が好きで、映画も観るし漫画も好んで読むのですが今の流行りはどちらかというとソリッド・シチュエーション・ホラーのような限界状態での人間同士の諍いが生み出すスプラッター系かなと思っています。

あと呪い関連は一定の顧客層を獲得している感じかと思っています。

モンスターやゾンビは基本コメディだと分類している私の中で「鬼」は正直立ち位置さえ不明といった代物。

どういう感じで来るのかと期待半分といった感じで読みすすめていきました。

 

■女郎ぐも 日本ふしぎ草子の「地獄の鬼」のあらすじだけ読むと普通のむかしばなしだが・・・!

ある盗賊団にタカという名の女がいた。

このタカは昔、夫も子供もいたが不幸が続いて家族を亡くしてしまい、盗賊になったのだった。

盗賊団の仲間マサは、タカに惚れており、足を洗って所帯を持つことを望んでいたが、タカは家族を亡くした悲しみから抜け出せずにいた。

そんな時、盗んだ金で酒を飲みすぎて帰れなくなったマサは、寺の軒下で一夜を明かすことにした。

酔いが回って眠っているとどこからか子供の悲鳴が聞こえて・・・。

 

■鬼登場、ストーリーより画面の雰囲気がオニ怖い

タカの子どもが、タカが盗んだり殺したりしている罪を軽くする為、母親のかわりに鬼から罰を受けているところを目撃してしまうわけです。

この罰のシーンが妙にゾクッとくるんです。

あらすじだけなぞると普通のむかしばなしの様ですが、淡々と子供に責苦を負わせる鬼の姿はなんというか職業人。

もしくは企業戦士。

「何故そんな酷いことを・・・」

「あ、コレが仕事なもんで」

と返事がきちゃいそうな淡泊さが怖すぎます(これは妄想です)。

 

これは漫画で読んでみないと実感できないと思います。(。-_-)ノ

ネタバレはこれ以上は控えますが、後味悪い感じではないと思いますのでご安心ください。

無料立ち読みもあるので気になる方は絵柄だけでもチェックしてみてくださいね。

 

■女郎ぐも 日本ふしぎ草子の「さるかに合戦」のあらすじとネタバレ

幼稚園のお遊戯会で「さるかに合戦」のかに役に大抜擢された私ですから、あらすじは元々知っていました。

昔話のなかでもなかなか有名どころだと思うのですが、こちらの漫画では少し様子が違います。

 

■さるもかにも出てこない・・・!

けっこう衝撃の事実じゃないでしょうか。

もしかしたら普及しているいわゆる「さるかに合戦」も、はみ出し者(サル)と村の人々(カニ)との争いをデフォルメしたものなのではないでしょうか。

それにしても悲惨さが胸にくる作品です。

すごく悲しいです。

 

■ネタバレ注意:悲しすぎる叫び

タキという村からはみだした乱暴者の女の子。

その子のセリフで胸に突き刺さるような悲しい叫びがあります。

「チクショー 生まれてくるんじゃなかった! 生まれてくるんじゃなかった!!」

 

己らを善い人間、タキを悪い人間と分類して何も間違いがないと考えている村人という不特定多数、これがつまり「世間」や「社会」だという表現なんだと考えます。

ほんといたたまれない気持ちになっちゃいました。

あんなセリフに至ったストーリー展開はこれ以上ネタバレしちゃうと実際読んだときの衝撃が薄れちゃうので伏せておきますね。

 

この悲惨な展開の衝撃の結末は実際に読んでお確かめください。

 

 

わたしは、スマホで無料で試し読みしています。

いつも使用している電子コミックサイトは、コミなびを使用しています。

漫画配信数も多く、無料で数巻読めるキャンペーンもいつもしているので
漫画を購入しなくても定期的に無料分を読みに来ています。

 

大体全ての漫画は、無料で試し読みができますので、購入する前の確認として
とってもいいですよ。(*^_^*)

 

⇒ コミなび

※是非、購入して読んだら感想をコメント下さいね(#^.^#)

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

NO IMAGE

帝の至宝 はどんな漫画?

タブーを犯した女たち 鬼畜 衝撃のラスト、意外な真相

「テンペスト」って凄い内容の漫画だよ。

漫画「ハレ婚」を読んだので感想を書いてみました♪

聖☆おにいさん を読んだ感想とあらすじ

一礼して、キス の見どころと感想(無料試し読み)