寄生獣を読んだ感想とあらすじ

寄生獣 のあらすじ

ある日、地球外生命体が地球にやってきます。主人公である人間の身体に寄生して乗っ取りをはかりますが、主人公が予想外の動きをしたために乗っ取りに失敗し、右手だけ乗っ取ることになってしまいます。

この地球外生命体は主人公と共存することにし、主人公は地球外生命体をミギ―と名付けます。

ミギーに寄生されたことで、主人公は他の地球外生命体から命を狙われることになり、次第に右手だけではなく、心までも侵食されていきます。

 

寄生獣 の魅力と感想(ネタバレ)

映画化もされた話題作です。原作はかなり昔に出版されており、大きいサイズのものが再販されています。

この作品は絵柄が古めかしく、グロテスクなシーンも多いので、好き嫌いが分かれると思います。

しかしストーリーがとても深く練られており、コメディタッチな部分もあれば、ぞっとする恐怖や、人間味溢れる描写もあります。

人の死がまるで雑草のようにあっけらかんと描かれることで、人間とその他の生き物の命の重さについて考えさせられるものがあります。

人間からすれば寄生獣は人類を脅かす悪、しかし寄生獣やその他の生物からすれば、人間こそが地球の存続を脅かす脅威なのです。

ただのホラーやアクションとは異なる、とても深い漫画です、ぜひ色んな人に読んでもらいたいです。

 

 



本当にありがとうございました。

納得!電子コミックが選ばれる究極の7つのメリットとは?

※必見です。



関連記事

放課後のカリスマ のネタバレとあらすじ(おすすめ漫画)

北斗の拳 イチゴ味を読んだ感想とあらすじ

パソコンとスマホで電子コミックを読むにはDMM電子書籍がおすすめ

テニスの王子様 のネタバレとあらすじ(おすすめ漫画)

魔物鑑定士バビロ あらすじと感想(少しネタバレ)

さよならフットボールを読んだ感想とあらすじ