帝の至宝 はどんな漫画?

捨て子であった過去を持ち、貧しい村で暮らす平民である主人公の香蘭が、行き倒れていた志季を助けたところから物語が始まります。

志季は実は国の帝であったことから、香蘭は王宮に出入りして志季と友情を深めていきます。

お互いに惹かれ合うようになる二人ですが、身分の差や立場を考えてなかなか思うようにはいきません。

国同士の争いに巻き込まれて厳しい試練にも襲われますが、紆余曲折を経て二人が結ばれるまでを描いたファンタジーロマンスです。

 

帝の至宝の見どころと感想

まず香蘭が本当にいい子なのですごく好感が持てます。

料理上手だし、病気の人や困った人を助けようといつも一生懸命に走り回っていて…いい子すぎて泣けてきます。

そして志季がかっこいい!香蘭に向ける優しげな笑顔が本当にステキでまぶしくて、クラッときます。穏やかに微笑んでる場面が多い志季ですが、武術会で側近の雨帖と試合をするシーンがあるんですね。

それがもうかっこよくて、ますます惚れました。

全体的にほのぼのした雰囲気で話が進んで行くのが良かったです。

みんなで花火を見たり温泉に行ったり料理をしたりという楽しげなエピソードが多くて、なんだか優しい気分になれます。

一度は婚約した二人ですが、最終巻で香蘭が人質となり、いつ戻れるか分からないまま隣国へ行くことを決断します。

二人の別れのシーンが切なくて泣きました。

しかし最後までお互いを一筋に思い続け、2年半後に無事再開して結ばれるラストは本当に良かったです!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

ラブホの上野さん を読んだ感想とあらすじ

君に届けを読んだ感想とあらすじ

どうせもう逃げられない を読んだ感想とあらすじ

漫画「ハレ婚」を読んだので感想を書いてみました♪

HaHa あらすじと感想(少しネタバレ)

隣人おとぎ注意報 のネタバレとあらすじ(おすすめ漫画)