弱虫ペダル。アニメでも有名ですね。

小野田坂道の中学時代は友達が一人もいない、500円の電車賃を浮かそうと片道45kmの坂道をママチャリで秋葉原まで激走するオタク少年だった。

高校へ入ってから、秋葉原で出会った大阪弁の鳴子、そして高校へ行く途中の坂道で出会った今泉、彼らとの出会いが、小野田坂道を自転車競技部入部へと駆り立てていく。

なんの取り柄もないオタク少年が、実は知らない間に培われていた脚力と天賦の才、そして仲間達と共に心身ともに成長し、優勝を目指す激走自転車ロードレース物語が始まる!

 

弱虫ペダルの見どころ

少年漫画の登場人物によく「名は体を表す」もしくは「体は名を表す」名前が付けられる。

ここでいきなり!主人公の名前が「小野田坂道」と付けられている。

ならば、この坂道君と坂道はどう言う関係があるのかというと…。

自転車で坂道を登る時、おおよその人が「苦しい」と思うのではないだろうか。

だが小野田坂道は秋葉原へ行く途中の坂道を「ラブ☆ヒメ」のOP主題歌を「ヒメ~ヒメ~」と歌いながら、笑顔でペダルをこいで越えて行く。

そう、この坂道君は坂道が辛くないのである。

ここがこの漫画のポイントでもある。

自転車競技において、かなり辛いであろう上り坂を走る『クライマー』としての素質をその名前が表していたのである!

秋葉原でたまたま出会った鳴子が見せた「車を自転車で追いかけ、そして追いつく」という神業が坂道君に自転車ロードレースという競技への興味の種を植え付け、鳴子が同じ高校で自転車競技部入部希望であったと言う事から、坂道君に新たな世界への扉を開かせた。

自分は平凡な人間だと思っていた坂道君が、自転車で早く走る事に楽しみを見つけ、仲間と共にゴールを駆け抜ける楽しみを見つけた。

さらに同じように登り坂道が楽しいと言うライバル校の、こちらも名前が体を表している真波山岳君との出会いもあり、坂道君はどんどんロードレースが楽しくなっていくのだった。

もちろん、楽しい事ばかりではない。

坂道は当然、辛く苦しい。しかし『クライマー』は坂道をチームの為に誰よりも早く登らなければならない。

ロードレース初心者の坂道君は次々に壁にぶち当たる。

その壁も自転車でぶつかって、一人で、時には仲間と乗り越えて行くその過程が、読んでいる私達を熱く心奮わせるのだ。

眼鏡っ子・小野田坂道の自転車ロードレース物語が、あまり知られていない自転車競技・自転車ロードレースという世界とその面白さを私達にくまなく教えてくれる。

小野田坂道は今日も早く坂道を登る為に、仲間達の為にペダルをこぐ。

私達も自転車で坂道を登る時、少しは楽しくペダルをこいでいけそうである。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

NO IMAGE

DRAGON BALL はどんな漫画?感想とあらすじは?

ワッハマン あらすじと感想(少しネタバレ)

鋼の錬金術師 のネタバレとあらすじ(おすすめ漫画)

NO IMAGE

クレヨンしんちゃん 殴られウサギ 2015 放送日と内容

いちえふ~福島第一原子力発電所労働記~あらすじと感想(少しネタバレ)

NO IMAGE

DEAR BOYS はどんな漫画?感想とあらすじは?