淡島百景。感想とあらすじは?

みんなが始めている少額からの仮想通貨投資。 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 

淡島歌劇学校に通う女の子たちのオムニバスストーリ。

勢いだけで合格しちゃった田端若菜は、歌劇学校の毎日はきっとキラキラしてて素敵なはず!って期待いっぱいに入学してきた女の子。

入って早々、女だらけで足の引っ張り合いしてるドロドロした学校生活に直面、落ち込む。夜寝る前、ルームメイトで先輩の竹原に相談してみたら、竹原はもっと複雑な思いを抱えていた。

「友達と一緒に合格するつもりでいたのに、わたしだけ受かってしまって(だから辞められない。どんなに厳しい世界でも)」でも実は、その友達はわざと試験に落ちていた…。

いじわるで、難しくて、みにくいけど、きれいな女の子たちの青春。

 

淡島百景の見どころと感想

好きとか嫌いとか、単純な言葉にはできない女の子同士の複雑な関係が見どころ。

好きだから憧れる、好きなのに嫉妬する、あの子のことを嫌いな私は私が大嫌いだったあの人にそっくり…、あの子が学校を辞めたのは私のせいかもしれない…。

友情?恋愛?執着?後悔?よくわからないモヤモヤした気持ちになるって、女の子同士のあるある。

読んだ後、よくわからないことに苦しんでたのは自分だけじゃなかったんだな、って少し救われるような気がする。

そして、志村貴子先生のアニメ化もされたマンガ「青い花」のファンだった人には是非オススメ!青い花の中でミステリアスな脇役だった上田良子さんが第2話で関わってきます。

無表情な彼女があの時こんなこと考えてたんだ、とか、藤ヶ谷女子高ねよく知ってます、とかファンだからこそ楽しめる小ネタも入ってます。

 

電子書籍コミックサイトの口コミ!ランキング♪
 
みんなが始めている少額からの仮想通貨投資。 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin