男塾外伝 紅!!女塾 あらすじと感想(少しネタバレ)

[icon image=”check1-r”]男塾外伝 紅!!女塾 のあらすじ(おすすめ漫画)

人類最大の悪夢となった第三次世界大戦終結から30年後の西暦20XX年。

日本から、大和魂を持った日本男児は全て死滅してしまった。

人類最強である日本男児を脅威と判断した大国によって放たれた日本男児弱体化爆弾。

のちに男爆と歴史に記される事となる、日本男児の遺伝子を軟弱化させてしまう、その呪われた細菌兵器によって日本は、大国に蹂躙されるだけとなっていたが、真に国を憂いた日本男児の不屈の執念によって、己を顧みない後退なき玉砕によって、この国は救われるも、戦う術は永遠に失われてしまった。

 

この国に生き残る男子は、全て草食系男子と成り下がり、永遠に活気を失われた日本。

しかし、まだ希望があった。

 

かつてこの国を支え守り抜く男子を育て上げた、名門男塾。

今は真の日本女子を育て上げる女塾として起ち、その新たなる、かつての英雄の血を引く一人の女子が、女塾へと入塾する。

見よ、これが日本女子である!

 

[icon image=”check1-r”]男塾外伝 紅!!女塾 の魅力と感想(少しネタバレ)

80年代から90年代のジャンプ黄金時代を支えた至宝の名作「魁!!男塾」が、2015年、真の日本女子を育て上げる「紅!!女塾」として蘇ります。

日本男児こと真の漢とは? をテーマに漫画を全力投球で書き続ける、魂の鬼才で描き続ける真の巨匠こと宮下あきら氏による、かつての至宝の名作が、今度は逞しく筋骨隆々な男ではなく、可愛らしく華奢な女子を主人公に、新たな装いと構想の下に、サイトウミチ氏の著による、かつての男塾を支えた主人公に勝ると劣らない、強き気高き美少女達を繊細に、また激動的に描きます。

華奢な彼女達こと日本女子。

闘う日本男児がいなくなってしまった、近未来の絶滅寸前な日本を守る為に、かつて真の日本男児を数多くに育て上げた名門の学園である男塾に、真の日本女子として国を守る為に育て上げられていく試練の日々を、ジャンプ連載時の男塾みたく、激しくそれでいてどこか懐かしい、そんなジャンプを楽しみに見ていた、子供の頃を思い出させてくれるエピソードの数々でつづられています。

またかつての主人公の血を引く、登場人物の活躍と死闘も見ものな展開。

あの戦いが、女子同士の対決となって甦る。

あの油風呂に女子が挑む。

とどめの男塾名物が女塾名物となり、女子によって再現される。

民明書房も忘れずにあります。

そんな萌え女子ではなく、燃えの女子を楽しめる逸品です。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

ばらかもん の見どころと感想(無料試し読み)

寄生獣を読んだ感想とあらすじ

魔法少女リリカルなのはORIGINAL CHRONICLEを読んだ感想とあらすじ

「テンペスト」って凄い内容の漫画だよ。

放課後のカリスマ のネタバレとあらすじ(おすすめ漫画)

アイシールド21を読んだ感想とあらすじ