監獄学園 を読んだ感想とあらすじ

[icon image=”check1-r”]監獄学園のあらすじ

共学化した元女子校・私立八光学園は、その最初の年の男子生徒は5人だった。

キヨシ、ガクト、シンゴ、ジョー、アンドレの5人は、この男女比率から夢のような学園生活を送れると期待していた。

しかし彼らは女子風呂をのぞいた罪で、裏生徒会によって学園内にあるプリズンに収監されてしまう。

同じクラスの千代ちゃんと相撲デートの約束を取り付けたキヨシは、その目的を達成するため、危険な脱獄に挑む。

それを察したガクトは、自身も4年に1度のイベントでしか手に入らないフィギュアのため、キヨシに加担する。

 

[icon image=”check1-r”]監獄学園の魅力と感想(ネタバレなし)

ヤングマガジンにて連載中です。

あらすじだけを見ると真面目な脱獄ものに見えますが、本当の中身は男性の本能丸出しのギャグ漫画です。

しかし作者の圧倒的画力(見ていただければわかります、本当にすごいです)と、脱獄のために張り巡らされる知的戦略があまりにもシリアスなので、妙な笑いがこみ上げてきます。

 

やがて彼らは、男子を退学させるための陰謀に巻き込まれるのですが、夏の臨海学校で行われる濡れTシャツコンテストのため団結し、裏生徒会の陰謀を暴いていきます。

端的に言えば、バカなことをこれでもかとばかりに真面目にやっていて、見ているほうもハラハラしながら笑うという、なんともいいがたい感情に包まれます。

 

本人達はシリアスな表情でシモネタを堂々とやるので、色々な意味で電車の中等で見ることはオススメできません。

 

 

無料試し読みができます。

⇒ BookLive!

「監獄学園」を検索に入れてね。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

ぼっけさん あらすじと感想(少しネタバレ)

さよならフットボールを読んだ感想とあらすじ

電波教師を読んだ感想とあらすじ

けいおん のネタバレとあらすじ(おすすめ漫画)

キングダム あらすじと感想(少しネタバレ)

NO IMAGE

夜の珈琲。見どころはやはりコーヒーです!