漫画を読むと、とても幸せな気分になりますよね(*^_^*)

 ブログ訪問頂いた方に!
今月のおすすめ漫画3作品

立読 立読 立読

漫画を読んで、みんなでハッピーに!!(=^・^=)
※ネタバレも含みますので、気をつけて読んで下さいね。
⇒ 管理人BEST漫画ランキング10
⇒ 電子書籍サイト口コミランキング50

超少女明日香 あらすじと感想(少しネタバレ)

 超少女明日香のあらすじ(おすすめ漫画)

和田先生というと、『スケバン刑事』が一番有名かと思います。その主人公は「麻宮サキ」ですが、実はも一人「サキ」がいるんです。

『超少女明日香』の主人公・砂姫明日香(さき あすか)もまた、凛とした美しい戦う少女です。

 

明日香は、自然と共に生きる事を常としてきた砂神一族の生き残り。自然の力を借りることで、超人的なこともこなせる不思議な技を持っています。

 

飛騨の隠れ里で平和に毎日を過ごしていましたが、ある日、ダム開発で生まれ育った村を水の底へ沈められてしまいます。

 

家族や親しい村人、一族のものを失い、復讐を誓った明日香は、工事を行った田添建設の社長のお屋敷へ、住み込みのお手伝いさんとして入り込むのですが…田添家の人たちと関わることで、どんどん親しくなっていきます。

 

そして、黒幕は田添建設ではなく、他にいることがわかってきます。

 

はたして、本当の黒幕は…?その正体がわかった時、明日香の戦いが始まるのです。

 

 

 超少女明日香の魅力と感想(少しネタバレ)

同じ「さき」ですが、スケバン刑事のサキと違うのは、変身すること。

 

普段の明日香は、「ちんくしゃ」。小柄で目元の隠れた、地味な女の子。

 

容姿が悪いというよりは、ちっちゃくてくしゃっとした、愛嬌のある子と言ったところでしょうか?その「ちんくしゃ」明日香。悪に立ち向かうときには、するするーーっと成長(?)し、美少女に変身します。

 

しかし、変わるのは見た目とパワーのみ。よく「弱気でへなちょこな主人公が、変身すると自信みなぎるヒーローに!」なんて展開がありますが、明日香はもともと、強さと優しさ、まっすぐな信念を持っています。最初から持っているからこそ、戦うときにその本領を発揮するのです。

 

また、黒幕も個性的。どの作品にも言えますが、和田先生の作品に登場する悪役は、エグいことや残酷な手段を使っても、堂々としています。「自分は悪だ!」「悪は美しい!何より強い!」と豪語するぐらいです。しらばっくれて責任逃れしたり、小心者で変節したり、誰かにおもねることがありません。

 

逆にすがすがしいほど信念をもった「悪者」。なので、遠慮なく憎み、戦いを挑める相手です。(ドロドロしたいじめっ子っぽい悪役よりは、よっぽ正々堂々しているかと…。)

 

クライマックスでは、明日香は超能力で恐竜の化石を操り、それに乗って黒幕と戦います。

 

結末はどうなるのか?そして明日香と田添家の人々との関係は?

 

ただのアクションだけでなく、人間模様も描かれたこの作品。読んだ後は心にじんわり来ます。

 

 

これだけは見て欲しい!お薦め漫画ベスト4

1話80円以下の漫画ばかり!このクオリティーを味わって欲しいです。

同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。
デキちゃうけど、ナカでもいいよね。
初エッチの相手は…妹
ビッチ!?が田舎にやってきた(最新作)

更新日:2017年6月24日

 

 

コメントを残す




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.