黒執事。シエルとセバスチャンの会話が面白すぎ!

シエル・ファントムハイヴは若くして伯爵の位についた少年。

彼には一人、何をやらせてもそつなくこなす完璧な執事が仕えています。

館の管理から料理、家庭教師、警察の真似事までこなす執事は謎が多く、ミステリアスな印象を与えます。

その執事、セバスチャンは今日も主であるシエルのむちゃくちゃな命令に華麗に対応します。

「イエス、マイロード。仰せのままに。」そして、彼の素性を聞くものに必ずこう教えるのです。

「私は……悪魔で、執事ですから。」

 

黒執事の見どころ

何といってもキャラクターが魅力的です。

特に執事であるセバスチャンがかっこいいところが見所です!

彼は「悪魔」で「執事」なのですが、その人外の力を存分に発揮してシエルの出す無理難題を何事もなかったかのようにこなすところが非常に魅力的です。

また、セバスチャンが仕える我が儘放題の伯爵、シエルも魅力的なキャラクターの一人です。

彼はとある事件で家族も地位も尊厳も奪い取られ、その失意のどん底でセバスチャンと出会うのですが、子どもにもかかわらず大人がぞっとするほど頭の切れる少年です。

彼はとある約束のためにセバスチャンと行動を共にし、その中で様々な事件に巻き込まれます。

シエルだけでは乗り越えられない困難にはセバスチャンが、それでも足りない時にはシエルの「優秀な」使用人、友人、関係者というように様々な人間の助けを借りて問題を解決していくのです。

我が儘なのに頭が切れるシエルと冷静なのに主人をおちょくるセバスチャンのコンビは漫画を読んでいるうちにきっと好きになります。

人外の目線を通して描かれる人間の「醜さ」や「あさましさ」、それとは逆の「高潔さ」はあまりにも鮮明に描かれているので、マンガを読む中で自身の人生観を見直すきっかけになると思います。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

Coda のネタバレとあらすじ(おすすめ漫画)

アオハライドのネタバレとあらすじ(おすすめ漫画)

今日から(マ)のつく自由業! あらすじと感想(少しネタバレ)

ライアーライアー の見どころと感想(無料試し読み)

さよならフットボールを読んだ感想とあらすじ

女郎ぐも 日本ふしぎ草子 感想 (ふたつの島、シノの枕)