黒子のバスケ EXTRA GAME あらすじと感想(少しネタバレ)

[icon image=”check1-r”]黒子のバスケ EXTRA GAMEのあらすじ(おすすめ漫画)

WCでの洛山高校対誠凛高校激闘から1年後、インターハイも終え黒子テツヤやキセキの世代は2年生になっていた。

そんなとき世界的人気を誇るストリートバスケのチーム「Jabberwock」と秀徳、桐皇 、洛山、海常、、陽泉を卒業した今吉翔一を中心とした「Strky」が対戦し惨敗、そして「Jabberwock」のメンバーに「Strky」はボロクソにけなされます。

 

そんな「Jabberwock」に再度勝負を挑もうと集められた「VORPAL SWORDS」のメンバーはキセキの世代、黒子テツヤ、火神大我黒、若松孝輔、高尾和成、日向順平なのだった。

 

 

[icon image=”check1-r”]黒子のバスケ EXTRA GAMEの魅力と感想(少しネタバレ)

本編、「黒子のバスケ」が終了して断念だなと感じていましたが、すぐに続編が新連載スタートしたその作品が「 黒子のバスケ EXTRA GAME 」。

 

「黒子のバスケ」本編のその後が読める話になっているので、黒子のバスケファンには必見です。

 

キセキの世代や黒子テツヤ、火神大我その他のキャラクターの成長を見ることができますし、外見的にも変わったキャラクターがいたりして、新たな魅力を発見することができそうです。

 

特に黄瀬涼太と緑間真太郎、髪の毛を切っただけのようなのにイメージが結構変わっているような気がします。

 

バスケについては、今回のチームはドリームチームといってもいいようなメンバーで、キセキの世代と黒子テツヤ、火神大我、他にも魅力的なキャラが同じチームのプレイヤーとしてバスケをする姿が見れるのが面白いです。

 

今まで見れないような連携プレイが見れるんじゃないかとすごい期待してしまいます。

 

正直、キセキの世代達と黒子テツヤと火神大我、あと他のメンバーもそうですが、ただの単純なメンバー同士のふざけあいや会話してるのを見れるのがなにより一番嬉しかったりします。

 

相手チームの面々が凶悪な態度ながらかなりの実力あるチームなので苦戦させられることは必死なんですが、同等の力のチームと対戦するより自分たちより強いチームとプレイしたほうが生き生きしそうなメンバーばかりなので、今後の連載も楽しみです。

 

 



本当にありがとうございました。

納得!電子コミックが選ばれる究極の7つのメリットとは?

※必見です。



関連記事

NO IMAGE

球場三食。球場での楽しみ方を教えてくれる作品です。

AKB49を読んだ感想とあらすじ

死にたがりと雲雀を読んだ感想とあらすじ

NO IMAGE

今日から俺は。女性が見ても面白い漫画です。

キン肉マンを読んだ感想とあらすじ

闇金ウシジマくんを読んだ感想とあらすじ