DEAR BOYS はどんな漫画?感想とあらすじは?

高校バスケ漫画。主人公は、全国一のバスケットボール部から失踪、転校してきた天才・哀川和彦。

転校先の神奈川・瑞穂高校で、くすぶっていた同級生4人と出会い、様々なライバル・仲間たちと出会い、高校最後のインターハイに臨む物語。

 

DEAR BOYS あらすじとネタバレ

インターハイ決勝で、かつての所属校である常勝・天童寺高校に延長戦の末に勝利。

その試合中に繰り広げられる哀川とかつてのチームメイトとの意地とプライドの激闘はかなり熱くなります。

その際に徹底マークにあった哀川が、出しゃばったプレイで自らケガをし、途中でベンチに引っ込むというアクシデント。

その中でも瑞穂のキャプテン・藤原がチームを引っ張り、エース哀川不在の中で一人気を吐き、王者相手に食らいつく。その過程で哀川もチームメイトを信頼することを想いだし、またコートに復帰すると別人のように輝き出す。

序盤劣勢だったチームは最終クォーターで奇跡の追い上げを見せ、同点で延長戦へ・・・。延長では哀川がフル活躍し、ついに王者を破り、初優勝。素晴らしいラストです。

 

漫画の感想、評価

序盤はかなり王道の高校バスケ。いわゆるバスケ漫画の金字塔です。

ですが最初の方(県大会)あたりまではフェイドアウェイやダンクなど、かなり高校生離れしたスキルを見せていた主人公や対戦相手校の選手たちが、終盤になってかなり「高校生的な」レベルになってしまったのは残念なところ。

特に準決勝以降はあまり派手なプレイは無く、普通の高校生になってしまったのが残念。

それまでは身長170センチ台の選手のダンクやフリースローラインからの飛び上がってダンクなどすごい身体能力を見せつけていました。

マンガなのでOKだと思っていましたが、準決勝はレイアップで着実に得点する相手校と、3ポイントシュートで追い上げる瑞穂高校という、盛り上がらない展開に。

しかも最後は頼みの3ポイントも決まらなくなってきて、一か八かで放ったシュートが入って1点差で勝利という、スコアだけ見ると白熱していたのですがイマイチ盛り上がらなかったです。

ストーリー的にも後半に難あり。中盤まではかなり面白いです。

 

この漫画を、読もうか迷っている方へ

同じ題名でACT3まであります。ACT3がインターハイ編ですので最終盤になりますが、実は面白いのはACT1~2です。

読み始めるならACT1の最初から読んでいただきたい。

最初は絵もイマイチで微妙なタッチですが、ACT2になるころには絵も上手になってきます。

20数年連載されていますが、漫画の世界では1年半くらいの時計の進み方です。ですがその中でもしっかりトゲのある新キャラが登場したりと、読み飽きしません。

先述の通り序盤はテクニカルなシュートやありえないパスが沢山出てきますので、それも見どころの一つです。

ストーリーが繋がっているので、最後まで楽しく読めると想います。

個人的にはスラムダンクを越えていると想います。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

アイシールド21を読んだ感想とあらすじ

ワッハマン あらすじと感想(少しネタバレ)

ドラゴンクエスト?ダイの大冒険 を読んだ感想とあらすじ

NO IMAGE

今日から俺は。女性が見ても面白い漫画です。

北斗の拳 イチゴ味を読んだ感想とあらすじ

刻刻(こっこく)のネタバレとあらすじ(おすすめ漫画)