EX-ARM あらすじと感想(少しネタバレ)

[icon image=”check1-r”]EX-ARM のあらすじ(おすすめ漫画)

2014年。

スマホどころかガラケーすらも取り扱う事のできない機械音痴な主人公──夏目アキラは、自分に劣等感を持っていた。

兄に比べて非凡な自分。

変わりたいと、そんな事を願いながら毎日を過ごす中で訪れたコンビニの前で、不良に取り囲まれていた美少女を助けるシチュエーション。

 

勇気を振り絞って立ち向かおうとした瞬間。

彼の記憶は、自分に向かってくるトラックの灯りを最後に途切れてしまう。

そして永い時間が流れ、日本の国土が変形してしまう程の大きな出来事が起き、そして価値観が、社会性が変わってしまった、2030年の日本から始まる。

 

その日。

警察の問題児こと上園三波が、突入合図を無視し、目標物を回収してしまった。

犯罪者達に取り囲まれ、相棒のアンドロイドであるアルマと共に切り抜ける彼女の腕に抱かれた目標物には、オーバー・テクノロジーの産物と化した、2014年に死んだ筈のアキラが抱かれていた。

 

[icon image=”check1-r”]EX-ARM の魅力と感想(少しネタバレ)

あのTIGER & BUNNY、代表作ウイングマンの作家・桂正和氏の弟子こと、作画・古味慎也氏と原作・HiRock氏のお送りする、EX-VITAの続編、EX-ARM。

 

以前よりもスケールアップした近未来の世界観を舞台に、今度は本来ありえない筈の超科学力で生みだされた兵器を巡る、美少女サイバネティックス・アクションの決定作と言っても良い程の、濃密に書かれている近未来の日本の世界観に、それに合わせた機械の精密な描写など、美少女メカ好きには堪らない最高の仕上がり。

 

登場する兵器など、メカ好き、アンドロイド美少女の好きな人間には堪らない、アルマの時折魅せる内部構造の精密さはセクシャル・サイバネティックス好きな仕上がりで、アルマのアンドロイドのエロスがしっかりと描かれ、破損シーンなど、本来痛々しさを魅せる筈のシーンが、どこかセクシャルな仕上がりを魅せ、二つ同時に楽しめる美少女メカ好きのツボをしっかりと押さえたところなど、そんな萌えとメカ好きな読者なら絶対必見な内容に加えて、作品内に登場する武器やサイボーグ兵器に携行銃火器の精密さは、SF銃の好きな読者を虜にするような仕上がりを魅せ、躍動と発砲の感触などが伝わってくる描写は、さすがに桂正和氏の弟子だと思わざるおえない作風です。

 

そして何よりも忘れてはいけないのはヒロイン美少女達も以前よりも可愛く、よりセクシャルに描かれている事。熱血美少女の上園三波とクールな無表情の美少女アンドロイドのアルマの、少し妖しくも、時には大胆すぎるツンデレな関係が堪らない。

 

柔らかい女性の身体のポイントを押さえた、若干の幼さと成長を乗せた、トランジスターグラマーの上園三波のセクシャルさなど、それに加えたアルマのアンドロイドとして理想的な人間に調整されたパーフェクトな身体を、生身の女性であるように有機的に描かれ、任務に合わせたエロティックな戦闘服姿も堪らなく、上園三波とは違う味を魅せる、女優かモデルのような身体を武器に戦うアルマの色気具合などが見どころでもあります。

 

そんな二人の仲に新たなメンバーとして彼女達をサポートするアキラ。

 

近未来において追従を許さない最強の軍事兵器として、新たな人生を歩むこととなった彼の先に待つ運命とは、そしてそれにかかわる新たなる近未来の科学犯罪とテロリズムなど大きく広がった世界観に期待が持てるそんな作品に仕上がっています。

 

 

無料試し読みができます。

⇒ コミックシーモア

☆「EX-ARM」を検索に入れてね。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

関連記事

鋼の錬金術師 の見どころと感想(無料試し読み)

ACMA:GAME を読んだ感想とあらすじ

ゴールデンカムイ を読んだ感想とあらすじ かなり面白いです(*^_^*)

よんでますよ、アザゼルさん を読んだ感想とあらすじ

NO IMAGE

ばらかもん。ジーンと感動シーンが多いです。

NO IMAGE

℃りけい はどんな漫画?感想とあらすじは?